digitalAngel

Dell BoomiはNalta Groupと提携し、オランダのベンチャー企業digitalAngelが世界初のオープンIoTプラットフォームを開発するのを支援しました。

ビジネス目標

医療技術が急速に変化する中で、digitalAngelはIoT駆動のセンサーベースの医療機器、モバイルアプリケーション、ウェアラブル技術を管理する単一のプラットフォームが求められていました

digitalAngelの目的は、1つのプラットフォームに統合された包括的な情報を提供して、データを効率的に共有し、患者ケアを改善するためのより良い洞察を提供しながら、タスクを自動化してコストを削減することです。

Boomiとの提携により、digitalAngelはデバイス、データ、およびアプリケーションを、スケーラブルで安全性と信頼性に優れた統合デジタルインフラストラクチャに迅速に統合することができました。

インテグレーションの挑戦

digitalAngelの最初のプロジェクトは、インテリジェントマットレスに焦点を当てたものだった。これらのマットレスは、温度センサー、圧力センサー、および動きセンサーと有線接続されており、患者の健康状態を監視するための異常なセンサー値をスタッフに警告します。

同社はプラットフォームを一から作るのではなく、最高のコンポーネントを組み立てることを選びました。BoomiおよびNaltaと緊密に連携しながら、digitalAngelは次のような統合上の課題に取り組みました。

  • Salesforce Identity Cloudを使用して、パートナー、顧客、ユーザーに関連する情報をホスティングする
  • 患者さんの睡眠に関する情報を提供するケアポータルの支援
  • モバイルデバイスの通知を有効にする

Boomiの支援

digitalAngelがBoomiを選んだのは、あらゆるATOM(Boomiのランタイム統合エンジン)をBoomiのMoleculeに結合することで、拡張性、柔軟性、高可用性、弾力性を実現できるからです。

スピードも重要です。digitalAngelプラットフォームが定着するためには、従来の統合プロジェクトよりもはるかに迅速に新しい技術や機能を開発し、導入する必要があります。digitalAngelによると、Boomiとの統合により、以前は数週間から数ヶ月かかっていた作業が、今では数時間から数日で完了するようになりました。

結果

Boomiは、すべてのデータをシームレスに接続して管理することで、digitalAngelの高速化と効率化を支援しています。Boomiを使用することで、digitalAngelとNaltaは、単一のコードベースを維持しながら、独立した開発、テスト、および本番環境を実行でき、統合プロジェクトの作業を大幅に合理化できます。

Boomiはまた、digitalAngelがIoTプラットフォームの進化し続ける長期にわたって依存している「A」リストベンダーと提携するというdigitalAngelの要件を満たしました。

また、Boomiの柔軟性により、digitalAngelは、スマートライフ、スマートメディケーション、スマートエンターテイメント、スマートアクティビティ、スマート栄養、スマートコミュニケーション、スマートヘルスケアという同社の七つの「ドメイン」を探究できます。

quote Boomiは、特にスピードと使いやすさの点で、市場のどのベンダーよりも少なくとも二年は先行していた quote
digitalAngel、マネージング・ディレクター、Peter de Lange氏