JERAが早くきわめて簡単な方法で
異なるシステムの統合を実現

Boomi iPaaSによる巨大事業統合後のDX支援


東京電力と中部電力により2015年に誕生した株式会社JERAは、発電事業において約8,000万キロワットの発電容量を持つ世界最大級の発電会社です。

エネルギー業界のグローバルリーダーを目指す同社は、複雑なレガシーインフラの見直しに乗り出し、異なるレガシーシステムの統合、及びシステム間のデータ運用自動化の達成により、あらゆるデジタル資産から送信されるデータを一元化し、グローバルな事業展開に前例のない可視化をもたらしました。

本ケーススタディでは、Boomi iPaaSの導入により、これらをどのように実現したかをご紹介しています。

ダウンロード資料

ケーススタディ「巨大事業統合後のDXを支援し、さらなるイノベーション、自動化、データドリブンのインサイトを実現」

コンテンツ内容

  • ビジネスゴール
  • 百数十個のアプリケーションとばらばらのシステムを受け継いだJERA
  • 負担となっていた複雑なデータ連携の作業や運用をどう解消したか
  • SAPと他システムの連携
  • Boomi導入によるメリット

資料ダウンロードは、右のフォームに必要事項をご記入の上、「送信」ボタンよりお願いいたします。

以下のお申込みフォームをご入力ください(*の箇所は入力必須項目です)。

ご登録いただいた情報は、Boomiのプライバシーに関する方針に基づいて取り扱われます。上記ご連絡先へBoomiの営業およびマーケティング活動(各種イベント、キャンペーン、ニュースレターなど)に関する情報等を提供させていただく場合がございます。BoomiからのEメール配信を希望されない場合は、各Eメールの下部にあるUnsubscribeよりいつでも停止いただけます。