Cornell University

CornellのITチームはBoomiを活用して、クラウド主導のコネクテッドキャンパスへの移行を加速しています。Boomiのローコードクラウドネイティブプラットフォームを使って、大学はたった二人の統合開発者を必要とし、統合開発サイクルから数ヶ月を削減しました。

ビジネス目標

Cornell Information Technologies(CIT)グループは、米国、欧州、中東の従業員約1万人、学生23,000人、大学15校を対象に、より高速で機敏性に優れたクラウドネイティブプラットフォームをスケール統合することで、大学にメリットがあると判断しました。

優れたクラウドアプリとレガシーシステムを迅速かつ容易に接続して、管理、学術、IT機能を近代化する能力があれば、大学はエコシステム全体でより良いサービスを提供することができると考えられます。

インテグレーションの挑戦

Ivy League Schoolのオンプレミス統合ミドルウェアは複雑で、時間とコストがかかり、進行中の一連のクラウドアプリケーションと互換性がありませんでした。

CITグループは、既存のOracle Fusionミドルウェアシステムとの単一の統合を構築するには数ヶ月かかると見積もっており、これはトラブルシューティングとメンテナンスのコストも増加することが予想されました。安定性、実行速度、再利用性、統合状況の可視性の面でさらなる欠点があるため、近代化が急務となっていました。

Boomiの支援

Cornellは統合プロセスをOracle FusionからBoomiにわずか三ヶ月で移行することができました。現在、同大学はBoomiを使用して、クラウドの優れたアプリケーションと従来のオンプレミスアプリケーションのハイブリッド環境における37の統合を行っています。

Boomiのサービスとしての統合プラットフォーム(iPaaS)は、接続されたキャンパスを迅速に構築するための柔軟性を提供しました。CornellのITグループは統合開発サイクルを数ヶ月短縮し、Boomiのローコードクラウドネイティブプラットフォームのおかげで統合チームにはたった二人の開発者しか必要としていません。

結果

Cornell Universityは、Boomiの柔軟性と拡張性を活用し、アプリケーション、データ、人、プロセス、デバイスを接続することで、管理プログラムと教育プログラムの両方を強化しています。Boomiでは、CITグループは目覚ましい成果を上げることができました。

  • 従来の4分の1の時間で統合を実現
  • インテグレーションのランタイム速度が最大4倍に向上
  • 2名のチームによる容易な監視と保守
  • 37にまで迅速に拡張可能
  • より近代的で接続されたデジタルキャンパス

quote われわれはBoomiとの統合を、これまでかかっていた四分の一の時間で開発しており、これらの統合は、以前のBoomi ののプラットフォームよりも三、四倍高速に実行できます quote
Cornell University、ソフトウェア・エンジニアおよび統合アーキテクト主任、John Parker氏