workfront

成長とプロセスの迅速化に対応するため、Workfrontの財務チームはDell Boomiプラットフォームを使用してERP、CRM、HRおよびその他のシステムを統合し、カスタムコードの必要性を排除しました。

ビジネス目標

統合のため、Workfrontの財務チームは、Intacctに組み込まれている内部スクリプト・ツール (財務管理に使用するクラウドERPソフトウェア) を使用していました。

しかしIntacctでは、契約日、ライセンス価格、年間経常収益(アール)などのデータベースフィールドの変更には、時間とリソースを大量に消費するカスタムコーディングが必要でした。

チームは、次のことを実現する拡張性の高い方法を必要としていました。

  • 製品、価格、収益フィールドの更新
  • 受注入力プロセスを合理化する
  • ソフトウェアのプロビジョニングを制御

インテグレーションの挑戦

Workfrontは製品や価格を変更するたびに、ERPソフトウェアコードを更新するために、データベースチームからフルタイムの従業員を割り当てる必要がありました。2日から数週間かかることもある。このように時間と労力がかかるプロセスでは、会社の成長を支えることはできませんでした。

フルタイムのリソースを雇うことは、一時的な解決策にすぎませんでした。

また、完了した販売ごとに、Workfrontがオポチュニティを確認し、お客様の参加に必要なリソースを収集するのに2~3週間かかりました。明らかに自動化された解決策が唯一の選択でした。

Boomiの支援

Workfrontには、次のような多くの要件がありました。
合計レベルと詳細レベルでARRを適切に追跡します。財務チームは、人為的なミスをなくすために、受注フォームの手動データ入力を置き換えたいとも考えていました。

Workfrontは、SalesforceとIntacct、そしてNetSuiteとの間のデータ共有を自動化するBoomiを実装しました。

Workfrontでは、SalesforceとNetSuiteを統合することによって見積りから現金までのプロセスを管理するほか、Workfrontのプロビジョニング、ライセンスアカウント、コンサルティングを管理する製品を提供するために、Boomiを使用しています。

結果

統合プロジェクトが始まったとき、Workfrontは三人で月に75から100の注文を処理し、四から五のデータポイントを獲得していました。

Boomiでは、同じ人たちが毎月600件の取引を処理し、100のデータポイントを集めることができます。

Boomiは、手動プロセスを排除し、エラーを減らし、データ品質を改善することで、Workfrontで次のことが可能になりました。

  • 見積から現金へのプロセスを統合し、収益を早期に認識
  • 受注処理を500%増加
  • サービス契約のオンボーディングの適時性を向上
  • 専用のコーディングリソースが不要

Boomiの場合、Workdayでは月間600件の受注を処理できるが、これは以前の処理能力を500%上回りました。

quote Dell Boomiによって、Boomi のの顧客向けプロセスの多くを自動化することができた。さらに、Boomiの柔軟性のおかげで、技術的な経験のない人でも、Boomi のとの統合をその場で変更することができます quote
Workfront、企業情報システムチーム・リード、William Jolley氏