University of Technology Sydney

シドニー工科大学(協定)は、レガシーテクノロジーが役に立たなくなったことを受けて、コスト削減ではなく制約の緩和を目的としたクラウド戦略の採用を選択しました。

ビジネス目標

UTSのコンピューティングインフラストラクチャは、継続的な課題でした。同大学は、より機敏に対応し、学生や将来の学生、教職員、卒業生にサービスを提供するためには、クラウドベースの戦略に移行する必要があることを認識していました。

経済的な節約は望まれていましたが、クラウドシフトが主な狙いではなく、スピードが求められていました。同大学のアプリケーション2020戦略は、インフラストラクチャを簡素化し、段階的アプローチによりクラウドおよびSaaS(SaaS)環境に移行することを目的としています。

インテグレーションの挑戦

主にオンプレミスの統合アーキテクチャでは、プロセスは動作しましたが、低速で非効率的でした。同大学は単一のソースシステムを持っていたが、完全に異なる技術スタックとプロセスを使用して2つの異なるチームがデータを取り出し、重複とエラーのリスクを増大させていました。

クラウドの新しい戦略の一環として、アプリケーション統合、ビジネスインテリジェンス、およびデータチームは、この重複を軽減するために、1つの管理構造の下に統合されました。

Boomiの支援

UTSがBoomiを選んだのは使いやすさのためで、大学はそれが望む敏捷性とスピードを提供すると信じていた。その希望は実現し、実施は予定通り予算内で完了しました。

UTSは、Boomiが提供するクラウドベースの統合アプローチが、データを新しい方法でオープンにし、大学全体のイノベーションを強化するのに役立つと考えています。

結果

BoomiはUTSの期待を上回り、追加コストと導入時間なしで、より多くの機能を提供しました。

Boomiのクラウドにネイティブな低コード統合プラットフォームによって、同大学はすべてのアプリケーションを迅速かつ容易に接続することができた。現在、ERPや学習管理の置き換えなど、いくつかの大規模なプロジェクトが進行中です。

quote UTSによるBoomiの導入は、われわれが予想していた以上にうまくいった。スケジュール通りに予算内で作業を完了し、多くの機能を実装しました quote
シドニー工科大学、Web/アプリケーション・マネージャ、David O’Connor氏