Easterseals Bay Area

イースターシールのベイエリアでは、患者の紹介件数が劇的に増加すると予想し、障害の影響を受ける人々のニーズを満たすデジタル・インフラの構築をBoomiにて検討しました。

ビジネス目標

イースターシールのベイエリア(ESBA)は、最も必要としている人々に行動健康サービスを提供する方法を継続的に改善したいと考えていました。

カリフォルニア州で新法が成立したことで、この組織はサービスの範囲を劇的に拡大する大きな機会を得ました。

このような大規模な医療ネットワークをサポートするために、この非営利団体は、クラウド・アプリケーションと医療情報システムのグループ間でのデータ交換を統合して調整し、最先端のデジタル医療情報システムと行動医療プロバイダー・ネットワークを構築する必要があることを認識しました。

インテグレーションの挑戦

2012年、カリフォルニア州の新法により、保険会社は行動療法を行うことが義務付けられ、カリフォルニアに本部を置く主要な医療維持組織(HMO)であるカイザー・パーマネンテ社は、これらのサービスを提供するためにESBAと契約を締結。

この取り組みの一環として、ESBAでは、HIPAA (医療保険の携行性と責任に関する法律)、HITECH法、カリフォルニア州の規制に準拠した、完全に安全なデジタル情報システムを構築する必要がありました。

このプロジェクトには、AthenaHealthの新しい電子医療記録および収益管理システム、モバイルおよびWebベースのアプリケーション、さまざまなNetSuiteモジュールが含まれていました。アプリケーションとデータの統合は重要なコンポーネントでした。

Boomiの支援

ESBAでは、手作業による紙ベースのプロセスから、患者や医療従事者からの大量のデータを追跡できるデジタル・システムへと移行する際に、拡張性が最も重要でした。

Dell Boomiは、アプリケーションからデータを接続して調整することで、ESBAへの移行を合理化すると同時に、医療業務とビジネス業務を管理するための可視性、制御、自動化を提供しました。

Boomiは最新のRESTful APIと従来のEDIおよびHL7インターフェースを使って、SalesforceやNetSuiteのようなクラウドアプリケーションやAthenaHealthのようなオンプレミスのシステムとの統合を処理しました。

結果

新しいデジタル・インフラを構築する前に、ESBAは買掛金にかなりのバックログを蓄積しました。Boomiとの提携により、ESBAは請求処理に要する時間を短縮しました。

さらに、BoomiはESBAを以下の通り支援しました。

  • データ品質を抜本的に改善する
  • 患者ケアの可視性と管理の向上
  • 患者ケアのライフサイクル全体にわたって透明性を提供する
  • データ共有効率を向上させる
  • モバイル請求アプリケーションなどのカスタムアプリケーションを迅速に開発
  • セラピストに必要な管理作業のエラー率を低減

quote Boomiは少量のデータから数百万件のトランザクションまで非常に迅速に拡張した。 quote
Robert Van Tuyl氏、Easterseals Bay Area最高技術革新責任者