Moderna

クラウド重視の企業であるModerna Therapeuticsは、生活を改善する可能性のある生物医学の革新を加速するために、多数のアプリケーションを統合する必要がありました。Boomiのクラウドネイティブな統合プラットフォームは、システムの統合、複雑なクロスプラットフォームのビジネストランザクションの自動化、そして最も重要なことに、科学者が研究に集中するのを助けることによって、Modernaのスケールを助けました。

ビジネス目標

Moderna Therapeuticsは2011年にその将来の明確なビジョンを持って始まった。生活を向上させる可能性のある生物医学の革新を加速させるためには、SaaSアプリケーションのみを使用するクラウドファーストの企業になると予想されます。このアプローチでは、SAP(ERPシステム)、Workday(人事)、Solium(株式計画管理)、Concur(経費報告)などのアプリケーションのポートフォリオを統合する必要がありました。

インテグレーションの挑戦

ビジネス・プロセスを自動化し、必要に応じて拡張し、科学者を管理上のオーバーヘッドから解放するために、Modernaは新しいタイプのバイオテクノロジー企業を設立しました。この企業は、クラウドの全能力を活用しています。

しかし、Modernaがその力を発揮するためには、クラス最高のオンデマンドアプリケーションとデータを統合する必要がありました。そのとき同社はDell Boomiに目を向けました。

Boomiの統合プラットフォームにより、Modernaはシステムを統合し、予算編成、ベンダーへの支払い、人事管理などの複雑でクロスプラットフォームなビジネストランザクションを自動化することで、効率的な拡張が可能になりました。

Boomiの支援

Dell Boomiの統合プラットフォームとBoomiMaster Data Hubのデータ品質管理機能を組み合わせることで、Modernaは運用を拡大し、管理スタッフを増員することなく機敏性を維持することができました。

MDMを使用すると、Modernaの場合はWorkday HRシステムである記録システムにデータを1回入力するだけで、社内のすべてのシステムにデータを転送できます。BoomiMDMを使用することで、Modernaは任意のドメインのデータの検証、強化、集約、同期化を行うことができました。

結果

Boomiの統合およびデータオーケストレーション機能のおかげで、Modernaは次のことを実現しました。

  • プラットフォームの管理と保守にかかるコストを削減
  • 複雑なクロス・プラットフォームのビジネス・トランザクションを自動化
  • G&Aスタッフを増員することなく、急速な成長をサポート
  • プロセスの可視性を向上させながらデータ・エラーを最小化
  • アプリケーションの移行を合理化
  • 統合マッピングの効率化:追加のマスター・データ接続のコストを削減
  • アプリケーションとリソースへのアクセスを自動化することにより、従業員の雇用を迅速化
  • 権限管理の信頼性、一貫性、ドキュメント化を向上
  • ユーザー・アクセスと権限に重点を置いたIT作業の削減

quote Boomiを使用しているのは、動作し、導入が非常に簡単だからです。BoomiMaster Data Hubでは、Boomi ののデータは、Boomi のの人事アプリケーション、財務アプリケーション、科学ツールなど、あらゆる場所で正しい quote
Moderna、最高デジタル責任者、Marcello Damiani氏