Computer Concepts Limited社

Computer Concepts Limited社(CCL社)は、毎月の手作業による作業時間を削減するために、最善のIT改善イニシアティブの主要コンポーネントとして、クラウドネイティブな統合を活用しています。

ビジネス目標

ニュージーランドを拠点とするITサービスプロバイダーであるCCL社は、請求書と発注の統合を自動化し、最善のIT環境を継続的に改善するための基盤を構築したいと考えていました。

CCL社は1990年に設立され、現在ではニュージーランドの多くの著名なビジネスにおいて、ITインフラストラクチャと管理サービスを提供する数々の賞に輝くプロバイダーとして成長しています。同社は現在、技術コンサルティングと技術サービスを通じて、500社を超えるクライアントのビジネス効率と機敏性の向上を支援しています。

インテグレーションの挑戦

CCL社は、ポイント・ツー・ポイントのSQLスクリプトを使用して、Autotask ITサービス管理アプリケーションからMicrosoft Dynamics GP財務システムに請求書および発注データを取得しました。

しかし、統合には、時間のかかる毎月のメンテナンスと、ビジネスの他の分野でもスキルを必要とする専門家によるトラブルシューティングが必要でした。さらに、SQLスクリプトは、CCL社で処理する必要のあるデータ量に対応するのに苦労していました。

Boomiの支援

CCL社は、特に基幹業務システム間でミッションクリティカルなデータを統合するなど、社内の改善の機会があると判断したため、統合フレームワークの交換をBoomiに依頼しました。

同社は、プラットフォームの全機能、複雑な統合を処理する能力、および価格効率性に基づいてBoomiを選択しました。その検証プロセスには、幅広い統合製品の評価が含まれています。

Boomiのローコード、クラウドネイティブなプラットフォームは、開発者が複雑な統合を迅速に構築し、リアルタイムのモニタリングを提供します。

結果

2018年に統合が開始されて以来、CCL社は以前のSQLスクリプト統合フレームワークで必要だった手作業によるメンテナンスやトラブルシューティングの時間を削減してきました。この作業を監督したSQLの専門家は、ビジネスにおけるサービス改善の他の分野に集中できるようになりました。

Boomiのプラットフォームを使用することで、CCL社は次のことが可能になりました。

  • レガシーミドルウェアと比較して、統合開発時間を大幅に短縮
  • ITおよび財務の手動データ管理タスクに費やす時間を最小化
  • 複雑なトランザクションをシームレスに自動化するための容量を確保

quote Boomiは、複雑な統合の管理に必要なすべての機能を備えており、優れた環境を継続的に改善することで、統合と自動化に関するCCL社のニーズをサポートしています。 quote
CCL社 システムスペシャリスト Vicky Harvey氏