ENGIE

Dell Boomiの統合クラウドは、レガシーとクラウドのアプリケーションを統合し、欧州のエネルギー大手ENGIEが、変化の早い市場でよりアジャイルになるのを支援します。

ビジネス目標

ENGIEは、将来のエネルギー環境を創造し、気候変動と人々や組織のエネルギー利用方法の変化の両方に対処することに取り組んでいます。

ENGIEのEnterprises&Collectives事業部は、新しい技術とエネルギー管理手法を用いて、商用顧客のエネルギー効率向上を支援することに注力しています。

ENGIE E&Cは、新しいクラウドアプリケーションやデータ・ダッシュボードに対するビジネス・リクエストに迅速に対応する方法を必要としており、同社のデジタル変革の取り組みをサポートする統合プラットフォームを求めていました。

インテグレーションの挑戦

ENGIEが目標を達成するためには、市場の変化に迅速かつ革新的に対応できなければなりません。デジタル変換はENGIEの戦略にとって重要です。デジタル変換なしでは、エネルギー管理を改善するための新しいサービスを実装するスピードや敏捷性を達成できません。

クラウドネイティブで低コードの開発環境があれば、統合プロジェクトのスピードと効率が大幅に向上し、顧客への迅速な対応能力が向上することが分かりました。

Boomiの支援

Dell Boomiの柔軟でスケーラブルな統合プラットフォームは、ENGIEのすべてのワークフローを結合して、クラウドやレガシー・システムにまたがるサイロ化されたビジネス・アプリケーションやデータ間の障壁をなくしました。

ENGIE E&Cのアプリケーションはすべて、Boomiプラットフォームを介して接続されるようになりました。これには、SAP請求システム、複数の企業およびパートナーのWebサイト、顧客データベース、およびその他の情報システムと通信するSalesforce CRMなど、非常に重要なアプリケーションが含まれます。

Boomiの場合、ENGIEはそれぞれのビジネス・プロセスに対してエンド・ツー・エンドの可視性を持っています。

結果

ENGIEの統合プロジェクトでは、単純なものから非常に複雑なものまで、250のプロセスが3人のチームで8ヶ月で完了しました。Boomiのおかげで、ENGIEは以下のことを実現しました。

  • 10倍のコスト削減
  • エンド・ツー・エンドのデータ・フローの可視性の確保
  • 新しいサービスを大幅に迅速に展開
  • ITおよびビジネス・オペレーション全体のアジリティ (機敏性) の向上

Boomiによって実現した大幅な節約のおかげで、ENGIEは情報システムの機能的で戦略的な変更に投資できるようになりました。

Boomiのローコード統合プラットフォームを使用することで、ENGIE社の統合コストは10倍削減されました。

quote Boomiは使いやすく、多くの高度な機能を備えている。カスタムコーディングに頼らなくても、遭遇するほとんどの状況に対処できます。これにより、時間とコストを大幅に節約できます quote
ENGIE E&C、情報セキュリティおよびシステムアーキテクト、Alain Abenhaim氏