APIにおける課題をiPaaSでまとめて解決

VMwareが過去のAPI連携アプローチから脱却し、得たものは?

テクノロジー業界のリーディングカンパニーであるVMwareは、Boomiの統合プラットフォームiPaaSを導入し、APIを駆使してITモダナイゼーションを加速させ、ビジネスアジリティの強化を実現しています。

クラウドネイティブの統合プラットフォームiPaaS(Integration Platform as a Service)は、データ・システム連携、EDI、API、ワークフローの機能を有し、企業のアプリケーションやデータをクラウド上で統合します。このiPaaSは、「新システムの開発より既存システムのメンテナンスに時間を割かれている」、「すべてのデータ・システム連携を一元管理したい」、「クラウド環境とオンプレミス環境に分散されたアプリケーションとデータの連携・統合を迅速かつ容易に行いたいが、人材やコストが懸念される」といった課題を迅速に解決する最適なソリューションとして大きく注目されています。

Boomiは、連携ミドルウェアの可能性にいち早く気づき、2000年から市場に先駆けてiPaaSを提供しており、今では10,000社以上で数万のクラウド統合を手掛け、お客様のビジネスの拡大を支援しています。

本事例では、VMwareが過去の統合アプローチから脱却し、ITシステムの稼働率向上と大幅なコスト削減をどのように実現したかをご紹介しています。

ダウンロード資料
ケーススタディ
Boomiの統合プラットフォームiPaaSを導入し、ITモダナイゼーションを加速させビジネスアジリティを強化

コンテンツ内容

  • 複数のツール管理による煩雑さ
  • 長期におよぶ定期的なアップグレード作業
  • ライセンス数の課金体系で悩ましいコスト大幅増
  • オンプレミス、クラウド、あらゆる組み合わせの対応は?
  • 1週間の導入トレーニング後に自社でここまで実現できた

資料ダウンロードは、右のフォームに必要事項をご記入の上、「送信」ボタンよりお願いいたします。

以下のお申込みフォームをご入力ください(*の箇所は入力必須項目です)。

ご登録いただいた情報は、Boomiのプライバシーに関する方針に基づいて取り扱われます。上記ご連絡先へBoomiの営業およびマーケティング活動(各種イベント、キャンペーン、ニュースレターなど)に関する情報等を提供させていただく場合がございます。BoomiからのEメール配信を希望されない場合は、各Eメールの下部にあるUnsubscribeよりいつでも停止いただけます。