Mindjet

ソフトウェア会社Spigitとの合併後、MindjetはBoomiプラットフォームの利用を拡大し、人員を追加することなく大規模な統合、請求、注文管理を合理化しました。

ビジネス目標

Mindjetにはマルチチャネル販売プロセスがあり、BoomiはNetSuiteやSalesforceとの統合やEDIを通じてこれをサポートしている。トランザクションの流れ:

  • 世界中の顧客向けにMindjetが運営するEコマースストア
  • Salesforceで開始され、NetSuiteにプッシュされるエンタープライズ・トランザクション
  • EDI経由でSalesforceに発注し、NetSuiteに発注するチャネル販売業者の注文

インテグレーションの挑戦

Mindjetが別のエンタープライズソフトウェアプロバイダであるSpigitと合併した後、トランザクションフローはより複雑になりました。処理されるトランザクションの数と種類の多さから、スケーラビリティーと精度に関する懸念が生じていました。Mindjetは、ITスタッフを増員することなく、この成長に対応する方法を見つける必要がありました。

Boomiの支援

MindjetはすでにBoomiと協力して、システムインテグレータのWDCiの勧めでSalesforceとNetSuiteを統合していた。合併に伴う複雑さと規模の増大に対処するため、MindjetはBoomiを利用して代替的なフローと、より深くラインレベルでのトランザクションの統合を実装しました。

同社は当初の統合を拡大し、ローコードのBoomiプラットフォームを使用してNetSuiteとSalesforceの統合を拡大および深化させ、BoomiEDI機能を通じて南北アメリカおよび欧州の貿易パートナーとの連携を実現しました。

結果

Boomiがバックオフィスの効率を向上させたことで、Mindjetでは次のことが可能になりました。

  • ラインレベルの更新フローの改善:Salesforceの販売機会とNetSuiteの注文が各システムで同期された状態を維持
  • 効率的なEDI取引の有効化:販売業者はEDIを介してオーダーを発行でき、迅速かつ効率的に監視および処理できます。
  • 契約更新プロセスの合理化:NetSuiteの請求処理によって更新契約の統合プロセスが開始され、Salesforceでの更新機会が作成される
  • 複数年の取引フローの統合:複数のNetSuite請求イベントを1つの複数年のSalesforceオポチュニティと同期できます。

quote NetSuiteとSalesforceは、Boomi のの情報インフラに不可欠だ。Boomiは、この戦略の鍵となる推進力です。Boomiがなければ、同じ効率を得るには10人必要です quote
Mindjet、ビジネス・システムおよび統合担当ディレクター、Sudher Yerabati氏