Disguise社

ビジュアル制作テクノロジーの分野で急成長を遂げているプロバイダーが、Boomi IntegrationとMaster Data Hubにより、運用プロセスを合理化し、360度のビジネスビューを実現し、新しい洞察をもたらしています。

ビジネス目標

Disguise社は、ライブコンサート、アートフェスティバル、スポーツイベント、テレビ番組を制作するためのソフトウェア/ハードウェアスイートを提供しています。ロンドンに拠点を置く同社は二桁の売上成長を達成し、ヨーロッパ、アジア、アメリカで17人から110人以上に急速に従業員数を拡大しました。

しかし、この成功により、より多くのデータと複雑さがもたらされ、ITリソースに負担がかかり、ビジネスの速度が低下しました。さまざまな情報を統合して新しい洞察を引き出し、運用プロセスを合理化し、継続的な成長と革新を促進することが同社には必要でした。

インテグレーションの挑戦

データはNetSuite、Salesforce、Jiraなどのシステムに分散され、財務、営業、技術サポート、顧客サービスをサポートしていました。そして、Disguise社は、新しいクラウドアプリケーションと従来のオンプレミスシステムの間でプロセスを調整するのに苦労しており、以下の課題に直面していました。

  • システム間でデータに一貫性がない
  • データマスタリング製品の寄せ集めの管理が困難
  • 情報にアクセスして統合するための時間のかかる手作業
  • 360度の可視性の欠如は、洞察力と十分な情報を得た上での意思決定を損なう
  • トラブルシューティングにITコストがかかり、ソフトウェアのアップグレードに時間がかかる

Boomiの支援

実際の環境で広範囲にわたるテストを行った結果、Boomiを選択しました。Boomi導入後、Disguise社はデジタルエコシステムを近代化し、主要なデータ管理と統合のニーズに対応しています。BoomiはDisguise社を次のように支援しています。

  • データのサイロ化を排除し、データへのアクセスと交換を高速化、容易化
  • 販売パイプラインレポートと収益予測の最適化
  • SalesforceとNetSuiteを統合し、財務管理とレポート作成を向上
  • マスターデータの品質を向上させ、財務、セールス、サポート、マーケティング全体の調整を強化

結果

Disguise社は、BoomiのIntegrationとMaster Data Hubを使って、重要なプロセスをオーケストレーションし、データ駆動の意思決定を行い、より速く、よりアジャイルなビジネスを運営しています。同社には次のようなベネフィットをもたらしました。

  • 週次販売パイプラインの新たな可視性の獲得
  • 収益予測の精度とスピードの向上
  • 従業員の時間を解放し、さらなる革新と生産性を実現
  • アプリケーション全体にわたる唯一のマスターデータを作成
  • データウェアハウスを展開し、財務および運用に関する洞察を強化

quote 統合により、ビジネス全体で共通の言語を使用できるようデータを統合できます。これは私たちが報告をする時、誰もが理解できるということを意味しています。 quote
Disguise社 上級データインテリジェンス責任者 Meetal Hirani氏、